エギ壱日記

エギ壱日記へようこそ! このブログでは壱ちゃんが設計したエギ「エギ壱」の紹介や釣果等を記載しております。 ホームグラウンドは若狭方面。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新作再設計エギ 完成間近!

皆さん、こんにちは♪

ここ数日は暖かい日が続いていましたが、明日から急激に寒くなりそうですね!

日本海も予報では荒れそうですし、その後海の中の状況はどの様に変化するのか、週末はエギのテストも兼て行ければなぁ・・・と(^^)

その設計し直したエギですが、ようやく型も完成し、明日から成型していこうと思います!

予定では先週末には1号機が完成しているはずだったのですが、金曜のお昼にまた保育園から「熱が出ているから迎えに来て下さい」と連絡があったので、エギ制作は中断していたんです^_^;

設計し直したエギですが、型は完成したと言いましたが、錘の型はまだ作っていません。

今回はボディーを布まで巻いて最終段階まで仕上げてから錘の重さを調整してその重さに合わせて錘の形をCADで設計しようと思っています。

なぜ今回はその様な手段をとったかと言うと、今まで作ってきた布巻きタイプの下地はテープを張ったりラメを使っていましたが、今回は下地にも布を使う事にしたからです。

僕自身、下地に布を使うのは初めてなので、その下地の違いでバランスの誤差がどの程度出るのかが把握出来ていませんから^_^;

まぁそんなに大きな誤差は無いと思いますが、錘が0.1g、0.2g違うだけでもバランスに影響しますからね!

とシビアな話をしてますが、実際問題量産していく上でボディーの重さにも0.1g、0.2gの誤差は出てきますし、市販品のエギでも実はこの程度の誤差は普通にあることです。

ならばそんなにこだわらなくても・・・と思いますが、誤差が出ても大丈夫な様に一番ベストである±0のポジションで型は作っておきたいのです。でないと型の段階で許容範囲カツカツにしていると誤差が出たときには使い物にならない物が出てきますし、錘なら溶かし直す事も出来ますが、無駄な手間も増えますからね。

この辺りは型を使う仕事をしている僕の拘りでもありますが^_^;


今回のエギは特に冒険もせず、作り慣れた布巻きタイプなので失敗作になることはありません!言い切っちゃった^_^;

なので出来るだけこの秋シーズンで使い込んでエギの癖を見抜ければ、春の親シーズンでは自信を持って投入出来るかな(^^)


今週中には完成したエギをお披露目できると思います♪




そうそう、皆さんのおかげでこのブログの訪問者数も40000アクセス目前となってまいりました!

と言うことは・・・






何か企画が・・・







あるかも・・・









ないかも・・・

(^_^)

| ハンドメイドエギ | 00:11 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ようやく完成間近ですか~楽しみです。(^-^)。
因みに錘の重さとサイズは1種類ですか?
沖縄&春烏賊用に4号のシャロータイプお願いします(笑)
嘘、冗談です。。

| 竹 | 2009/11/02 13:36 | URL |

竹さん、毎度です~♪
良い感じで成型も進んでいますよ!
今の所サイズはこの3.25号だけですが、このエギが良いエギならばラインナップも増やそうかと^_^;
シャロータイプがメインで設計してますので、その点は沖縄でも通用するかな^_^;勿論錘を少し重くした普通のタイプも用意していますよ!
でも4号はねぇ・・・僕のタックルでは厳しいもんで^_^;
3.75号位でご勘弁を(笑)

| エギ壱 | 2009/11/02 15:26 | URL | ≫ EDIT

とうとう!”完成まじかですね!
たのしみです。
ぼくも、もし!!1本手に入るなら使ってみたいです^^

| k-5 | 2009/11/03 03:25 | URL |

k-5さん、毎度です~♪
何時も冒険してばかりでなかなか使えるエギに辿り着いてませんでしたが、今回は新作という楽しみと普通のエギの形にしたという安心感があります^_^;

若狭一緒に行きます!?(^^)

| エギ壱 | 2009/11/03 19:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。