エギ壱日記

エギ壱日記へようこそ! このブログでは壱ちゃんが設計したエギ「エギ壱」の紹介や釣果等を記載しております。 ホームグラウンドは若狭方面。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

設計やり直し!

皆さん、こんにちは♪

台風、沖縄方面接近中ですね!くれぐれもそちらの方面の方は気を付けて下さいね!

早速本題にまいります。

前回の淡路遠征で新作エギが全く使い物にならなかったので、新たに設計をやり直す事にしました^_^;

淡路に持ち込んだタイプのエギは布を貼ったり巻いたりしない塗装オンリーならバランスは良いので、あれはあれで塗装エギ専用にしたいと思います。

そして今回新たに設計をやり直した物を一般的な布巻きタイプにします。

前回のエギは塗装をメインで考えていた為、布を巻いた際、最後に布の端を差し込む溝を設けていなかったので、布を巻くタイプのエギを作る為には一から作り直さなければならないのです。

どうせ原型、型共に作り直すのであれば、気になる部分を修正しようという事で設計もやり直しています。

そして設計を終えたのがこちら↓
2009 3.25 最終型

ボディー、オモリ共に変更を加えています。

ボディーは前回の物に比べると少しボリュームを出してあります。

オモリは今回跳ね上げを意識せず、ダートを意識してボディー設計したのでこの様な形にしてみました。

シーズンを考えればそうゆっくりもしていられないので、急ピッチで進めなければ!

明日、明後日は仕事の合間に原型を機械に削ってもらい、

効率良く作業が進めば今週中にも1号機が出来るかな(^^)

| ハンドメイドエギ | 17:50 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

微修正したんですね。
ちなみに錘の形状で動きって結構変わります?
今まであんまり気にしたこと無かったので…。

そちらでは秋烏賊いつくらいまで狙えるんですか?

| 竹 | 2009/10/25 18:06 | URL |

竹さん、毎度です♪
若狭は11月いっぱいですね。年越しても釣れるのですが、極端に数は減っちゃいます^_^;
なのでこのシーズン終盤になろうという時期に修正して一から作り直している場合じゃないのですが、春の親アオリシーズンを考えると今の内に出来る事はしておきたいんですよ。

錘の形状で性能はガラッと変わりますね。
例えばダートするエギを作る場合、一番気を付けたいのはダートさせた時のエギの姿勢です。
悪い例としてエギが回転してしまう症状がありますが、そうさせない為にはなるべくボディーと錘部分の一番重たい場所の距離を離してやる事でエギは安定しやすくなりますよね。(浮く力と沈む力の差を出したやる)
逆にボディーと錘の重たい場所が近ければ近いほどエギはクルクルと回転しやすくなりますから、今回僕が設計をやり直したダート系のエギにはこの様な形状の錘を考えてみました。
前回のエギは跳ね上げ動作もさせたいと欲張ってボディー設計をしていたので、錘はあの形にしていました。

あとラインアイの位置を変えることでエギの回転を抑える事も出来ますよ。

何か分かりにくい事をゴチャゴチャと書きましたが、ボディーにあった錘の形状というのは必ず有りますので、色々と試してみる価値はあると思います(^^)

| エギ壱 | 2009/10/25 23:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。