エギ壱日記

エギ壱日記へようこそ! このブログでは壱ちゃんが設計したエギ「エギ壱」の紹介や釣果等を記載しております。 ホームグラウンドは若狭方面。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

壱ちゃん流 ジグヘッド単体アジング!




エギ壱Ver.1 3号、好評発売中!
DSC_0688_convert_20120831134944.jpg


お求めはエギ壱製作所で!







皆さん、こんにちは♪

ちょっと今回は壱ちゃんの我流アジングを記事にしてみますね(^^)

まぁ一言でアジングと言っても様々な釣り方がありますし、タックルやラインシステムによっても釣り方が変わってきますが、

僕が今やっているPEラインを使用したジグヘッド単体のアジングについて少し自論を。

先ず、PEを何故使うか?

一番は感度。

次に比重が軽い。

この二つがPEを使用する最大の理由。

感度を要する理由としては、今流行のパッツン系のロッドではなく、掛けてからも楽しめる柔らかいロッドを使用している事。

その為に、リーダーのフロロは出来るだけ短く30センチ位に。

これを一ヒロ位にしてしまうとそれだけでフォール中のアタリがぼやけてしまいます。

ましてや僕が何時も通っているポイントは水深が10メートル以上あるので、そのディープに送り込んだ0.7gのジグヘッドから伝わるフォール中のアジ特有の違和感を感じ取るには無駄なロスは極力取り除く必要があります。

これがシャローエリアの巻きのアジングであればここまでシビアにする必要は無いでしょうけどね。


それからラインの比重が軽いPEを使用するという事は、それだけフォールスピードが遅くなるという事で、

それだけ食わせる間を与える事が出来る。

僕自身よく行う事なのですが、食い渋いコンディションの場合ワームサイズを落すのではなく、あえてサイズを上げます。

そうすると今までの食いが嘘のようにガッツリ吸い込んでくる事があります。

単純に捕食しているベイトと合致しているという事があるかもしれませんが、

もう一つの可能性としてフォールスピードの低下が関係しているのではないか?と考えます。

現に同じサイズのワームを重いジグヘッドに変えてあえてフォールスピードを上げてやると、また反応が悪くなるといった統計もありますしね。

それらの事を踏まえると、同じ重さのジグヘッドに同じサイズのワームを使用していても、水深のあるポイントでPEとナイロンやフロロとでは全く違うフォールスピードになっている事は明らかで、釣果に差が出て当然だと思います。

それはPEが良いとかではなく、その時のアジのコンディションでフロロ等のフォールスピードが速い方が合っている場合もあると思います。

ただ、今までの経験上、フォールスピードは遅い方が有利になる事が多い様に感じます。



とまぁ、雑誌やDVD等を全く見ない僕が特定のポイントに通って我流でやってきたアジングについて語ってみましたが、

環境によって様々な釣り方が存在すると思いますので、「それは違うやろ~!」って思う点があってもサラ~っとスルーして下さいね(^_-)-☆


では。

| アジング | 19:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

なるほど!
よく考えられてますね。
当方なんてなんも考えずにひたすら投げてます(^◇^;)
オニギリヘッドのインプレ、もう少し待ってくださいねm(_ _)m

| 親父釣人 | 2012/10/23 00:20 | URL |

親父釣人さん、こんにちは♪

何時も夜中の誰も居ない漁港であ~でも無い、こ~でも無いとコツコツやってるんですよ(^_^;)
逆にやってないと寂しくて・・・(笑)

インプレはゆっくりでいいですよ~(^^)

| 壱ちゃん | 2012/10/23 23:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。