エギ壱日記

エギ壱日記へようこそ! このブログでは壱ちゃんが設計したエギ「エギ壱」の紹介や釣果等を記載しております。 ホームグラウンドは若狭方面。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どうしようかなぁ・・・やっちゃう?(^m^)

皆さん、こんにちは♪


そろそろ若狭も開幕ですね~♪

という事で今日はエギ壱エギ2010バージョンを空いた時間に量産していたのですが、


やっちまいました(>_<)



型 破損(泣)



まぁ原型はあるので再度同じシリコン型を作ることは可能なのですが、これを機会に新しいバージョンに取り掛かろうかとも思ったり・・・


今のモデルはまだ仕上げていないボディーが10本程、既に仕上げて使っている物と併せると20本位あるので、僕個人で使う分には十分な数は有るんですよね~。


もう少し実戦投入して何かしらの結果が出たら「試験販売!」してもいいかなぁ~と思っていただけに悩むところです(>_<)

ただ今のモデルを使っていて薄々感じていたのですが、「これ」と言った特徴が実際のところ無いんですよ(-_-;)

仕上げ等には蛍光下地にしてみたりと特徴を持たしてありますが、操作性&アクションに関しては「並」なので、この程度の代物を販売しても買ってまで使ってみたいと思う人は居ないはず!

実際問題販売するにしても手間や材料費を考えるとハンドメイドなので1本1000円前後になるのは皆さんもお分かりだと思います。

僕ならいくらハンドメイドのエギでも「並」のエギをわざわざ高いお金を出して買わないし、僕も昔愛用していた魔界で6~700円位で販売されているエギ○Q等を買いますからね^_^;

やっぱりハンドメイドのエギを販売するのであれば、市販品には無い「オンリーワンの製品!」でなければならないと思う今日この頃です(^_^;



なんか自問自答して勝手に解決しちゃってますが、皆さんいかがでしょうか?(^_^;)

新しいバージョンは既に頭の中で出来上がっているので、早速取り掛かってみましょうかね?

たぶん皆さん受け入れ難いエギになると思いますが・・・(爆)




     にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ  烏賊速報へ

| ハンドメイドエギ | 00:05 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

お疲れ様です。

一からエギを製作するのは大変な作業ですが、オリジナルだしまたそれで釣ったら喜びが大きいですよね!次回作もはやり羽は無しですか?見た目は完成度が非常に高いと思います。使ったらかなり釣れそうです。

実は止めたはずのエギングをまた再開してしまいました。釣果に拘らずみんなで楽しむスタイルに変えて楽しむことにしました。例えば、二人で行って自分だけが2ハイ釣るよりもお互い1パイずつ釣れれば良いかなと。
先日久しぶりに行って大きく無いですが2ハイ釣ることができました。日本海は今年も微笑んでくれました。

| コモト | 2010/05/18 11:51 | URL | ≫ EDIT

コモトさん、お疲れ様です♪

テスターをされていたコモトさんに完成度が高いと言って頂けて光栄です!
今のモデルは原型が有るのでOFFシーズンにでも型を復活させようかと・・・。
今のモデルはどちらかと言えば正統派の「エギ」という形状で性能も「並」なのですが、次回作は少し特徴を持たしたシャクリ抵抗「大」のエギを作ってみようかと思っています。今月中には形になるかな^_^;
勿論、面倒なので羽根無しで^_^;

エギング再開されたのですね!お帰りなさい!(^^)!
僕も最近は遠征しても小旅行気分でのんびりやってます^_^;
日本海もシーズンinですね(^^) のんびり楽しみましょう♪

| エギ壱 | 2010/05/18 13:41 | URL | ≫ EDIT

販売いいですねぇ。
製作工程からしてみても、かなり期待しちゃいます!!
今シーズンはなかなか釣りにいけてないですが、エギ壱さんのエギには興味ありです♪♪♪

| スイスイ | 2010/05/18 21:15 | URL |

スイスイさん、毎度です~♪
興味ありですか~!販売しちゃいましょうかね~^_^;
自分で言うのも何ですが、今のモデルは「並」とは言いつつも今まで作ってきたエギの中ではトータル面で良く出来たエギなので、型を復活させた際には量産再開しますよ(^^)

それと次回作である特徴を持たした少し変わったエギが出来れば「エギ壱ショップ」開店です(爆)

| エギ壱 | 2010/05/19 10:46 | URL | ≫ EDIT

エギ壱さん、お疲れ様です。

テストしているエギは一度販売されたのですが、市販レベルじゃなかったようでカタログ落ちしてVer2として修正中みたいです。色々手を加えているのですが、ボディ以外はほとんど別物に取り替えたりもしています。

エギ壱さんのエギは見た目だけでもレベルが高いです。細かい所まで丁寧に整えているようですし、シンカーも面取りされていますよね。イカがおれば釣れそうです。市販されたら買いますよ。

| コモト | 2010/05/19 12:31 | URL | ≫ EDIT

どうもです。
エギ本体の素材は何を使ってられるんでしょうか。
カンナも市販されてる物?
こないだ見てきたんですが、あまりいい物が売ってませんでした。
自分で作ったエギで釣れたら気持ちいいでしょうね~。

| うえすぎ | 2010/05/19 15:03 | URL |

コモトさん、お疲れ様です♪

そうだったのですか(-_-;)ボディーはそのままで修正するとなると修正出来る範囲も限られてきますし難しい作業ですね!

またまた~、そんな事言ったら調子に乗っちゃいますよ~^_^;
エギングというスタイルは他のルアーフィッシングとは違って「エギ」だけしか使いませんから、凄く狭い範囲で評価されてしまうのも事実で、販売は難しいかなぁ・・・と思っていましたが、その反面、メーカーさんが手を出しにくいユニークなアイデアを提案出来るのはハンドメイドの強みかと思います(^^)

| エギ壱 | 2010/05/19 15:09 | URL | ≫ EDIT

うえすぎさん、こんにちは♪

ボディーの素材は2液性ポリウレタン樹脂を使ってます。
ただこの素材自体に浮力はありませんから、市販のプラスチック製のエギと同じ様な中空構造にする必要がありますので、左右対称など型が抜ける状態で成型してから張り合わす作業が必要です。
僕の経験上、左右対称で張り合わすと接着面積が多く、水が浸入する確立が高かったですけどね^_^;
発泡ウレタンを使う手もありますが、かなりシビアな物なので浮力を統一させるのにはそれなりの知識と経験が必要ですね。
誤差を少なくすることは出来ましたが完璧に毎回統一した発泡ボディーを量産するのは僕には無理でした^_^;

カンナは脇漁具さんのステンイガ1段針を使ってます。
シリコンも色々な種類があるので、わからない事があれば何でも聞いて下さい(^^)

最初は面倒くさい事ばかりですが、慣れれば簡単ですのでオリジナルエギの制作頑張ってくださいね(^^)

自作のエギで釣れたら気持ち良いですよ~♪

| エギ壱 | 2010/05/19 15:51 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様です。

そうそう、次回作は引き抵抗のあるエギにとありますが僕はこのタイプが好みです。これしか使わないってわけじゃないですけど。皆さんに評価されるのは良いことじゃないですか。その反動でさらにグレードが上がるんじゃないでしょうか?

シンカーはほとんど鉛製ですが、加工のし易さとか何か大きな理由があると思うのですが真鍮製なんてのも可能なんでしょうかね?結構変形したりするのでどうしたもんかと。
シンカーが衝撃を吸収してボディとの接続寿命を延ばしていたりもするのでしょうか・・・。
以前はタングステン製もありましたが。コスト面もあるのでしょうね。

| コモト | 2010/05/19 16:47 | URL | ≫ EDIT

受け入れ難いニューバージョン気になりますねぇv-10
僕は、不器用なんで自作なんてとても出来ませんが
今度、見せてくださいね。
この間は、バタバタしてて見せてもらうの忘れてましたv-406
近々、日本海に出撃しようかなぁって思ってますv-221

| きよたか | 2010/05/19 17:48 | URL |

コモトさん、お疲れ様です♪

僕も引き抵抗があって操作している感覚が伝わるエギが好きなのですが、最近は引き抵抗の少ないエギばかり作っていたので何か物足りなさがあったんですよ。
販売という形で多くの人に使って頂く方が客観的に評価してもらえるかもしれませんね。

コスト面を考えると鉛になっちゃいますね。変形しない鉛に変わる高比重のシンカーはタングステンですが、なかなか個人レベルで扱える物ではありませんから僕も悩んでるんですよ(-_-;)
真鍮の事は詳しくないのですが、錆はどうなんでしょうか?以前に鉛を含まない高比重の合金を使ったことがあるのですが、それでも鉛のシンカーと同じ重さにしようと思うとサイズが大きくなってしまいますし、真鍮だとよりスペース的な問題が出てきそうですね。
衝撃を吸収させたいのであればタングステン樹脂という選択肢もありますから、メーカーさんが採用していないという事はコスト面で鉛を使っているだけだと思いますけどね^_^;

| エギ壱 | 2010/05/19 22:49 | URL | ≫ EDIT

きよたかさん、毎度です~♪

受け入れ難いニューバージョン、受け入れちゃって下さいv-10
きよたかさんも仕事柄手先は器用でしょうからその気になれば出来ますよ(^^)でも面倒で地味な作業ばかりなので、ある意味自分との戦いみたいなところがありますけどね^_^;
次回はゆっくりと見たり使ったりしてみて下さいね(^^)

日本海も始まりましたね~♪来週辺り良いんじゃないですか!(^^)!

| エギ壱 | 2010/05/19 23:26 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです
う~ん、いつも、考えておられますね!
薩摩藩の時代から進化して
近年、PEを使ったエギングスタイルが
この現在のエギの形に成って更に釣果が躍進したでしょう
ここから、次のステップの形となると難しいですよね~
僕も、最近考えています。
スレた烏賊がどのような動きが好むのかを
難しいですね!
ですから、前にエギ壱さんに貰ったエギも凄く役に立っています。
エギ壱さんの考えが詰まった物ですから^^
なるほどと!!

| k-5 | 2010/05/20 15:07 | URL |

k-5さん、お久しぶりです♪

そうなんですよね~、エギという構造を残したままで更なる進化を遂げるのはかなり難しいですよね^_^;
スレた烏賊が好む動きですか?難しい問題ですけど、この辺りを突き詰めていけば次世代エギが生まれるかもしれませんね!
期待してますよ!!
僕も最近は、餌にしか反応しない烏賊を何とかして興味を持たせてやろう!と考えているので、次回作はその辺りも視野に入れて製作中です(^^)

2009モデルのエギ、本当にお役に立ってますか?^_^;
釣れる釣れないは別として、あのエギがk-5さんに少なからず参考になる物があるのであれば、貰って頂けて僕も嬉しいです(^^)

| エギ壱 | 2010/05/20 16:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。