エギ壱日記

エギ壱日記へようこそ! このブログでは壱ちゃんが設計したエギ「エギ壱」の紹介や釣果等を記載しております。 ホームグラウンドは若狭方面。

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

少し落ち着いた!そして次回作は・・・

皆さん、こんにちは♪

爆っていた仕事も少し落ち着いてきたという事もあって、今日は事務仕事をしています。

いつもと同様、記事にするたいしたネタは無いんですが、爆って必死に作業していた間にも頭の中では「次回はどんなエギにしようかなぁ・・・」っといつも考えていました^_^;

なので今回はその作業中に考えていたエギの一つを記事にしてみたいと思います。


以前の記事でも紹介した↓ですが、new 3.5 a

色々考えた結果、お蔵入りになる可能性が大き過ぎるので、次回作はマトモな形状で、少しだけ「アレンジ」を加えたエギにしようと思います。

まだCAD設計はしてないので画像はありませんが、ベースはトップ画像のフラッシュで使っているエギです。

2年前位に作ったエギだと思うんですが、僕なりには良い出来だったエギです。

しかし構造的に個々のバランスの違いが多くなってしまうのでお蔵入りになってしまいましたが、今回はそのバラツキを最小限に抑える為、カンナの軸に使用しているカーボン棒を有効利用して、ボディーの強度を損なわずに単純な構造で余分な肉を取り省いてやろうと思います。そうする事によってボディーの重量も抑えられバラツキの最大の原因であった発泡ウレタンの使用量も少なく出来、浮力の誤差も少なくなると考えています。

ではどこの肉を取り除くのか?と言うのが今回のポイントだと思いますが、僕が考えているのはエギの下の部分(腹周り)です。

エギの構造上、上部には浮力、下部はオモリなどの比重の重い物を持ってこないとエギは安定しないので、必然的に浮力に影響しにくい場所が下部になるのでそこの肉を取り除くのですが、キーストンの様なスリムな細い感じにはしません。

エギの体高は維持しつつ、無駄な肉を取り除くという所が、最初にも書いた「アレンジを加えたエギ」なのです。


なかなか文書だけでは伝わらないですよね^_^;

要するに、普通のエギは風船を膨らました様に全体的に膨らみの曲面で出来ていますが、凹みの曲面を下部に取り入れるだけの事です。



今回はまじめに取り組もうと思っているので、良い物が出来ると思いますよ(^^)

今まではふざけていたんか!!ってネ^_^;;;
スポンサーサイト

| ハンドメイドエギ | 12:16 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今月は釣行ナシ(-_-;)

皆さん、こんにちは♪

久しぶりの更新ですが・・・


特に大した内容の記事ではありません^_^;


「今月は釣行ナシ(-_-;)」というタイトルですが、タイトル通り釣行出来ない状況に追い込まれております^_^;

娘の調子も一時は良くなったのですが、また体調崩してしまって保育園もお休み中です。

僕の仕事の方もこの仕事を始めて以来最大級に爆っていまして、既に今月は休み無しでスケジュールがビッシリ詰まってしまってます(-_-;) 詰め込みすぎました^_^;;;


釣りの方も何とか1杯は釣っておきたいという思いはあるのですが、「今年の春アオリの状況は厳しい」という話をあちこちで聞くと、僕の様な海の状況を全く把握していない人間がフラ~っと釣行しても時間の無駄にしかならないかと・・・

なのでここは考え方をかえて、「状況が悪い時に仕事が爆ってラッキーだった」と思うようにしています(^^)

こんな感じで早くも今月は釣行ゼロ宣言を致しましたが、来月は家族でサビキ釣りでも行こうかと思っています(^^)


さぁ、仕事しよっと!!

| その他 | 14:22 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。